2006.07.27 23:58

小林恭バレエ団公演

「公演カレンダー」に10月の小林恭バレエ団公演の情報を掲載しました。
今回は「シェヘラザード」「ペトルーシュカ」「韃靼人の踊り」のミックスプログラム。

「シェヘラザード」のゾベイダは下村由理恵さん、金の奴隷に後藤晴雄さん。
「ペトルーシュカ」のタイトルロールは小林貫太さん、踊り子が前田新奈さん、ムーア人は窪田央さん。

キャストを考えるのは、やはり小林恭さんご自身でしょうか。
上記もそれ以外の主要な役も、まさにぴったりという配役です。

---------

東京バレエ団のベジャール作品上演

東京バレエ団の12月以降の公演の概要が発表になりました。
いずれもベジャールの作品です。
http://www.nbs.or.jp/news/detail.php?id=383

『くるみ割り人形』(12月6日・7日 ゆうぽうと)
『ザ・カブキ』(1月23日・24日 東京文化会館)
「ベジャールのアジア」(1月27日・28日 東京文化会館)

『くるみ』と『カブキ』は以前から予告されていましたね。
「ベジャールのアジア」公演は、「中国の不思議な役人」「舞楽」「バクチIII」と新作を上演。

---------

『Danza』5号

表紙でにっこり微笑んでいるのは、新国立劇場の寺島ひろみさん、本島美和さん、さいとう美帆さん、真忠久美子さん。

四方は、巻頭で座談会もしていますよ。
皆さん、ぴかぴかの笑顔で、充実の表情です。

バレエダンサーでは、他に中村祥子さんのインタビューも。
ウィーン国立歌劇場からベルリン国立バレエへの移籍、この夏踊るプティ作品やバランシン作品について等を語っています。

この記事へのトラックバック