2007.03.01 23:50

お引越

「バレエ情報箱」を「日々もごもご」に統合しました。

こちらのコーナーの更新は停止します(文章は残します)。今後は「日々もごもご」をよろしくお願いします。

2007.02.23 23:52

アントニオ・ガデス写真集

2005年にアントニオ・ガデス財団が出版したガデスの写真集を手に入れました。
300ページを超える写真集で、重量感のある1冊です。

当然のことながら、

アントニオ・ガデスが

いっぱい!!!


ファン必携。


ISBNは84-8048-647-3。
洋書を扱っているお店で取り寄せてもらえるかもしれませんが、その場合は、送料がけっこうかかりそうです。

私はアクースティカというお店から購入しましたが(在庫切れだったので、注文してから半年ほど待ちました)、もしかしたら、明日から始まるアントニオ・ガデス舞踊団公演の会場でも販売されるかもしれませんね。

---------

PASMO

これ1枚で、首都圏の鉄道・地下鉄・バスが利用できる(らしい)PASMOは来月18日発売。

PASMOのサービス開始と同時期に、Suicaでも同じ地下鉄やバスが利用できるようになるそうです。両方持ち歩く必要はありませんから、どちらを使うか悩むところです。
(キャラクター勝負では、PASMOのロボットは全然かわいくなので、Suicaのペンギンに迷いなく軍配が上がります。)

国立劇場の公演の写真が印刷されたパスネットを見かける度に、新国立劇場公演のもそのうち出ないかなと思ってたのですが、PASMOの登場で、パスネットそのものの未来があまり明るくない気がしますね。
無くなることはないにせよ、今までほど積極的に色んなデザインが出なくなるのではと思うのですが、いらぬ心配でしょうか。

2007.02.18 23:54

『アクロバティック 白鳥の湖』

8月にオーチャードホールで上演される『アクロバティック 白鳥の湖』の日程等が、Bunkamuraのサイトに掲載されています
一般発売は3月10日。

東京の他、大阪と福岡でも公演が予定されているようです。

今回は、S席〜B席に加えて、M席というのがあるのですね。
M席は1階前方で、「一部見づらい部分がございます」とのことです。オーチャードの1階前方で見づらい席となると、1階の前半分全てが該当すると思うのですが、どこまでをM席に設定しているのか気になりますね。

(皆さんご存知の通り、オーチャードホールの1階の中央通路より前の席(18列まで)は、傾斜が小さくて、前の席の人の頭に視界を遮られることが多いため、バレエを見るにははなはだ不向きです。)


この『白鳥の湖』、私は去年見に行きましたが、大変楽しい公演でした。
(近年にしては珍しく、感想も書いたくらいです。)

世界広しと言えども、主役のウ・ジェンダンさんとウェイ・バォホァさんの驚異的な技術を見せられる人はそうそういないと思うので、迷っている方には、お二人が現役のうちに是非ご覧くださいとお勧めします。

2007.02.15 20:07

長期予定いろいろ&ボリショイ公演

NBS「バレエの祭典」
http://www.nbs.or.jp/saiten2007/

新国立劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/season/ballet/

松山バレエ団
http://www.matsuyama-ballet.com/performance/main.html

バレエ シャンブルウエスト
http://www.chambreouest.com/schedule.html

NBAバレエ団
http://www.nbaballet.org/yotei.htm

酒井はなさん
http://www.sakai-hana.com/fun/50.html

黄凱さん
http://www.huangkai.org/schedule.htm


そして、ボリショイ・バレエ団2008年公演
http://www.japanarts.co.jp/html/JA_world_artists/bolshoi_ballet.htm

11月15日〜12月15日(けっこう長い滞在です)。『白鳥の湖』他。
招聘はジャパン・アーツ。

絶対来て欲しい人、ステパネンコとグラチョーワの名前もありますが、おそらく単に現時点のプリンシパルを(ファーストネームの50音順に)並べて書いてるだけですから、まだ喜ぶ段階ではありませんね。

経験上、ジャパン・アーツ招聘のボリショイ公演は、私個人は盛り上がれないことが多いのですが、今度はどうでしょう。

2007.02.13 22:49

ティアラこうとうでの公演いろいろ

「公演カレンダー」に4月、5月のティアラこうとうでの公演情報へのリンクを追加しました。

東京シティ・バレエ団『コッペリア』は5月12日・13日。
主演は、若生加世子さん&黄凱さんと、志賀育恵さん&穴吹淳さん。
http://www.kcf.or.jp/002event/01tiara/event_tiara.html#tiara0512

私は、シティの『コッペリア』の躍動感あふれる踊りも、華やかさと品の良さをかねそえた衣裳も大好きなのですが、なぜか東京都内では全幕をなかなか見る機会がありません。
久々の上演は大歓迎です。

見に行こうかどうかお迷いの方は、まず3月の「公開練習」へどうぞ。
入場無料で、『コッペリア』3幕の舞台リハーサルが見られます。
http://www.kcf.or.jp/tiara/osirase_cb.htm


おなじみティアラこうとう小ホールでの、舞踊作家協会公演、4月は石井清子さんと雑賀淑子さんが、70年のダンス人生を振り返ります。

公演タイトルは「ダンス!!ふりかえって70年〜ちょっと私的な、ふたりのバレエおばあさんのおはなし〜」。
http://www.kcf.or.jp/002event/01tiara/event_tiara.html#tiara-s0401


その他、5月3日には、ティアラこうとう・ジュニアバレエ団の第2回発表会があります。演目は去年に引き続き、『ヘンゼルとグレーテル』。
http://www.kcf.or.jp/002event/01tiara/event_tiara.html#tiara0503

2007.02.10 20:28

『クララ』3月号

インタビューが掲載されている方々。

・福島昌美
・齊藤亜紀
・坂西麻美
・上山千奈
・植村麻衣子
・吉田都
・酒井はな
・島添亮子

福島さんは巻頭インタビュー、吉田さん、酒井さん、島添さんは「表現力を身につけたい!」のコーナーに登場。『ジゼル』を演じることを中心に語っています。

齊藤さん、坂西さん、上山さん、植村さんは、それぞれひなまつりの思い出を。

---------

本日の、朝日新聞夕刊に、ベルリンに客演している東京バレエ団の吉岡美佳さんと高岸直樹さんの記事が載っています。小さいながらも写真付き。

2007.02.06 21:14

時間が無いので、

モスクワ音楽劇場、

来日決定!!!!!!


とだけ叫んで、引っ込むことにします。
(お知らせくださった方、ありがとう。)
http://www.mmtb.jp/

---------

シャンブルウエスト「サロン ド バレエ」

あ、そうだ、もう1つ。

バレエ シャンブルウエストの「サロン ド バレエ」(第2回)の情報が、ようやくオフィシャルサイトに掲載されました。
http://www.chambreouest.com/news20/index.html

今週の金曜日の開催ですが、本日詳細情報が出たということは、まだチケットはあると考えていいのでしょうか。
食事付きとはいえ1人3万円は、ちょっと出かけるのに勇気のいるお値段です。

2007.02.01 23:28

新国立劇場、ダンサーの舞台写真を発売。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000084.html

前に在籍していた人の写真は、出ないのかな。根岸正信さんの青い鳥とか、ペトルーシュカとか、くるみの王子とか、白鳥の道化とか、シンデレラの道化とか、ガーンとか、ジゼルのペザントとか、黄金像とか。

2007.01.30 18:37

ミラノ・スカラ座来日公演キャスト発表

NBSのサイトにて、ミラノ・スカラ座『ドン・キホーテ』のキャストが一部発表されていました。
http://www.nbs.or.jp/stages/0706_scala/

6月7日・9日夜 タマラ・ロホ&ホセ・カレーニョ
6月8日・10日 上野水香&レオニード・サラファーノフ

9日昼は未発表。スカラ座のプリンシパルが踊る予定です。

なぜサラファーノフが?と思ったら、彼は今、スカラ座のゲスト・プリンシパルなんですね。

2007.01.29 21:05

『DANZA』8号

今号にインタビューが掲載されている方々。

○アリーナ・ソーモワ
○ヴィクトリア・テリョーシキナ
○ルシンダ・ダン&マシュー・ローレンス
○大湊由美&井倉真未&小野絢子
○牧阿佐美
○ウラジーミル・シクリャローフ

大湊さん、井倉さん、小野さん、牧さんは、新国立劇場バレエ研修所の修了公演直前レポートにご登場。
新国立のバレエ研修所って、調理実習(栄養学のお勉強)や衣裳製作もあるんですね。

---------

「公演カレンダー」にリンクを追加しました。

IMAバレエフェスティバル『くるみ割り人形』の金平糖の精は奥田花純さん、王子は黄凱さん。

東京バレエ団の大嶋正樹さんも、ゲスト出演します。
大嶋さん、最近、松崎すみ子さんの公演とよく縁がありますね。


マリー=アニエス・ジローとブベニチェク兄弟が出演予定の「融−YUH−」ですが、主催者のサイトによるとオットー・ブベニチェクの出演が取り止めになったそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。